価値がある物をしっかり査定してもらい売却しよう

鑑定した結果を聞いてから売るかどうか決められる
  • 刀剣の買取

       

    刀剣は所持するためには、許可を得る必要があります。その刀剣はあまり世間に出回っていないことが多いので、状態が良ければ高値で買取ってもらえる可能性も高いです。売却する業者選びは重要です。

  • 注意点

    骨董品を買取っている専門業者は多いですが、中には業者を介さずに個人間で売買している人もいます。ただ、個人間で売買する場合は、様々な注意点があるので、まずは専門業者に鑑定してもらうことが大切です。

    詳細はこちら

  • お酒を売る

    お酒をもらったけど、飲む機会が無いという場合は、お酒の買取サービスを活用しましょう。お酒の種類や状態を詳しく査定して、そのお酒に価値がある場合は、高額で取引してくれる場合もあります。

    詳細はこちら

査定の能力

美術品としても価値のある刀剣の買取は、鑑定実績が豊富なプロに依頼することで適切な査定を受けることができますよ。

骨董品の査定について

 骨董品の鑑定や査定というのは、本人の知識も重要ですが何よりも真贋両方を含めて数を見る事が大事なので、素人にはなかなか手が出しにくい分野です。 その為、真贋を見極めるには専門的な業者に依頼するのがベストの方法なのですが、この鑑定というのも初めての人にはどこの業者を選べばいいのか判らない物で、実際に偽物を本物と鑑定してしまうようないい加減な業者であったり、鑑定証を売るのが仕事となっているような詐欺に近い業者も存在します。 その為以前からトラブルなどが絶えない分野でもあったのですが、最近ではインターネットによって業者の評価や過去の経歴などが調べやすくなってきている為、少しずつトラブルが減ってきています。 また逆に、専門家としてホームページなどを出して受け付ける業者も増えて来ており、以前よりも活発となってきています。

鑑定にかかる金額について

 骨董品の鑑定というのは時と事情によって大きく異なります。 買い取りを事業として行っている会社の多くは、簡単な査定行為であれば無料という所であったり、値段など交渉は有ったとしても買い取りを前提に鑑定するのであれば無料という所が多く、買い取りの為の査定にお金を取る所というのは相当な高級店でも無ければありえません。 逆に骨董品の「鑑定」のみという事であれば数万円単位のお金が必要になるのが一般的です。 但しここでいう鑑定というのは、専門家による審査の他に骨董品の真贋を確認したという鑑定書の発行や鑑定者やその信用性についての記載、期間の認定なども含んでいる物であり、買い取りの為の査定とは大きく性質が異なります。